しゅうのブログ

バイクだったり映画だったり趣味のことで何か適当に記録予定

LION/ライオン 〜25年目のただいま〜

LION/ライオン 〜25年目のただいま〜をユナイテッドシネマ豊島園で見てきました。

gaga.ne.jp

まずはじめにこの映画を見に行こうかな?とか思っている人は読まないほうがいいかもです。

別にネタばれも何もありませんがいいことは書いてないです。

 

あらすじは

5歳の時にインドで迷子になり、養子としてオーストラリアで育った青年サルーが、Google Earthと出会い、25年ぶりに家を見つけ出したというのだ。

 

上のリンクにも書いてありますが、感動実話物です。

 自分も最近は涙もろくなってきてるので泣いちゃうかな?とか見る前は思ってましたが・・・

自分は残念ながらこの映画感動しませんでした。

 

感動しないポイント1

主人公は物語途中まで仕事をしていましたが心を病んで仕事辞めて、日がな一日ブラブラしつつGoogle Earth見てるというほぼニート状態。

 

感動しないポイント2

彼女に振られ、飲んだくれてる最中にGoogle Earth見てたらインドの実家が見つかるという・・・

え~飲んだくれて偶然見つけちゃうのはどうなのよ、と。

 

感動しないポイント番外

インド怖ぇ~

物語前半部の幼い主人公が大都会?で迷子になって彷徨っているところがすげー怖い。

人攫いみたいなのに追い回されるわ優しいおねーさんに助けてもらったかと思ったら

売られそう?になるわ。

インドってスラムドッグ$ミリオネアのときもこんな感じだったけど

本当に怖ぇ~

ちなみにスラムドッグ$ミリオネアもこの映画もデーヴ・パテールが主演ですね。

 

いいところとしては

主人公の子供時代とヒロインのルーニー・マーラが可愛いかったかなと。

タイトルのLIONの意味が一番ラストでわかるのは非常に良かったなぁと。

 

そんな映画でした

 

ゴーストが囁いてきそうな映画も怖いもの見たさで見に行きますよ。